« マジックハンド? | トップページ | 先住にゃんとチビにゃん »

2009年2月 5日 (木)

70匹の猫たち緊急募集

我が家の豆ちんの出身である70匹の猫達ですが、

残り5にゃんとなった今、現場飼い主に期限を付けられ、

立ち入りできるのが3月末までになってしまいました。

このままでは、5にゃんは現場に残されてしまいます。

緊急に里親様・一時預かり様を募集中ですsign01

 

70catsslow

 

 

 

この期限の話の元になったのが、気に入った子を里親に出したくないと
現場飼い主から話があったことが発端になっています。
この話を聞いて、私は心の奥底から怒りがわいてきました・・・。

 

 

 

たった5匹の飼い猫の避妊去勢手術を怠り、70匹(一時は100匹)まで増やし、
結果飼い主はたくさんの猫達を死に追いやり、遺棄してきました。
たった六畳一間に50数匹が閉じこめられ、ほとんど世話もされませんでした。

ガリガリに痩せ細り、風邪が蔓延して体力のない子から死んでいく・・・。

Middle_1192027956_2
  (ボランティアさんが出してくれたご飯に群がる様子)

 

 

 

生き延びた子でも

Middle_1161785274 Middle_1161787146

光を失っていく・・・暗闇が広がる恐怖はどんなだっただろう・・・

 

 

 

 

ノミやダニも駆除されず、耳が変形するまで・・・どんなに苦痛だっただろう・・

Middle_1161957545

 

 

 

 

 

近親交配の影響で産まれながらに奇形を持った子もたくさんいます。

下あごが短い子

Middle_1162997864

豆ちんの様に眼球の大きさが違う子

Dsc09029

 

 

その他にもたくさん辛い目に合ってきました。

 

 

 

愛情もまったく受けてこなかったこの子達はボランティアさんが来ると
みんな必死で体によじ登ってきていたそうです。
甘えると言うよりはすがる・・・その姿に涙を堪えるので必死だったと・・・

 

Photo
     (新しい爪研ぎに大喜びで群がっている様子)

 

 

 

豆ちんと暮らしてみて分かったのは、精神的に成長していないことです。
遊びもおやつも覚えたての仔猫の様に周りが見えなくなるくらい必死になるのです。
ご飯の食べ方すら下手くそで、途中で疲れて食べなくなるので、何度もあげていました。
今は少し上手になりましたよ。
ただ、慢性の鼻ブシュは何度も治療していますが、すぐに再発し今も投薬中です。

 

 

現場は今でこそ頭数が減り、ボランティアさんのおかげで環境は良くなりましたが、
猫達は飼い主から愛情なんて受けていません。

 

最初にボランティアさんが介入してから2年以上経ちました。
時間が経っても罪は許されません
この飼い主にまた猫達をゆだねる訳にはいかないのです。

 

助けてあげて下さい。

あの子達に本当の愛を教えてあげて下さい。

そして里親さんも幸せを貰って下さい。

 

 

 

じゃぁ私が助けてやればいいと思われる方もいると思いますが・・・。
我が家はすでに5にゃん。しかも保護猫が多数出入りします。
もうこれ以上は猫達にとってもいい環境とは言えませんし(今でもですが)
もしもの時に引き取る覚悟ができない状況だと保護活動もできません。

お願いするしかできませんが、たくさんの人の目に止まりますように・・・。

 

 

 

※さゆりんすさん、写真のにゃん達の里親様勝手に画像を掲載してすみません。

 


 

みんな現場から出れるよう祈ってポチっとにゃ
   ↓
にほんブログ村 猫ブログへ 心よりお願いします。

 

 

 

 

 

昨日はカメラのバッテリーを会社に忘れて写真が撮れませんでしたが、

少しUPしておきます。

 

Dsc06998

Dsc07049

サーシャちゃん、パール君、チャーリー君も里親募集中です。

宜しくお願いします。

|

« マジックハンド? | トップページ | 先住にゃんとチビにゃん »

コメント

現場飼い主=元々の飼い主のことですね?
どんな理由で自分を正当化できるのでしょうか?
不思議な人物です。annoy

育ってきた環境や道徳観...
世代によっても考え方が違いますが、その方は精神疾患なのでしょうね...

つい最近、京大病院で自分の子供の点滴に腐った水をいれた母親....普通では考えられませんが、その人の頭の中ではちゃんと正当化された理由があって筋が通っているのでしょう...
それと似ている何かを感じます...

飼い主のその人がどうなろうと自由ですが、その人にひどい飼われかたをしている猫たちの苦しみ、哀れさを、目前にしたとき、放っておけないのですね...


3月末までの立ち入り期限というのは、その方が急に言い出したのですね。もしも、全猫を救い出すことができて、その飼い主はまた同じ事を繰り返すのでしょうか?
ひどい飼いかたをした人間には、もう飼ってはいけないなどの罰則とかがあればいいのに....down


はぁ....
切ない...

独り言みたいですね...

みーママさん、何かいけないこと書いていたら削除してください...私、今ちょっと興奮気味なのです...

投稿: こはなママ | 2009年2月 5日 (木) 15時18分

もう二年・・・二年たつのですね。。。
最初の衝撃を思うと・・・今はすばらしい環境にみえます。
でも、全然ひどい。
そそうの始末もしない、暖房冷房も与えない
トイレもきれいにしない。

どういう神経なのでしょう?

と、今日はまじめ。

投稿: konpa | 2009年2月 5日 (木) 16時37分

こはなママ 様

興奮する気持ち分かります。腹立たしくてこの気持ちをどこにぶつけたらいいのか・・・

こはなママさんの言うとおり、きっと飼い主はなにがしら正当化しているのだと思います。
じゃないと、「この子はカワイイから残してくれ」とか言いませんよね。
手術代も病院代も、フード代すらも自分たちで負担せず、毛布一枚も出してこないような飼い主のどこに愛があるのか・・・。
だいたい、この子は可愛くなくて、この子は可愛いっておかしいでしょう???

もちろん最後にはボランティアさんが、もう絶対猫は飼わないように約束してもらうようにすると思いますが、常識のない人ですからね・・・。

とにかく今は残った5にゃんが心配です。
何もしてあげれないのが切ないです。
ご縁が見つかるよう祈るしかありません・・・。

投稿: みーママ | 2009年2月 5日 (木) 16時54分

konpa 様

本当によくここまで頑張ってこられましたよね。
さゆりんすさん始めボランティアの方々には頭が下がる思いと感謝でいっぱいです。

飼い主はちょっと頭がおかしいですね。
ネグレストは虐待と同じですもの。

最初の頃のトイレは酷かったですね。部屋中ですが・・・。
粗相をしたグチャグチャのベッドで寝ていた子を見たとき、涙が出ました。

あそこには置いておけません!!!
何とか縁をつなげないものか・・・(T.T)

今日はまじめでも許す!

投稿: みーママ | 2009年2月 5日 (木) 16時58分

なんだかもうやるせなくなってきました・・・・
こんな醜悪な飼い方をしていながら、この子は可愛いから
手離せない・・・どの口で言ってるのか理解に苦しみます。
なんで5匹が70匹になるまで何もしてこなかったのか
フードも寒さしのぎの毛布も与えられずトイレの世話も無く
こんなの人として許せない!
その状況を見ながら自分達は平気に生活していたんでしょう?!
其処が解りません情けなくて悔しくてそうかと言って
何も出来ない自分が一番悔しいです。
現場に行かれたみーママさんの気持ちが一番伝わると思うのでこの記事このままコピーさせて頂いて写真もそのまま
ブログに載せさせていただいてはいけませんか?
良いのなら今日ブログで緊急に更新したいと思っています
がいかがでしょうか?

投稿: ジョルまま | 2009年2月 5日 (木) 17時58分

みーママ 様

すごく興奮していたのは....
他にも理由があって...
他の方のブログで「京大聴講生 猫殺傷事件」に対し起訴を求める署名というのを見て、署名して送る準備をしながらカッカきていたせいもあるのです...weep

人間の身勝手やはけ口に弱い動物が標的にされていて腹だたしくて、ひとり瞬間的に沸騰してしまいました........crying

うちのcatこはなも、元々はノラ猫出身者....
ひどい人間にめぐり合っていたら、虐待されたり殺されたりしていたかも知れません...
天使のようなあどけない顔を見ながら、こんなcatによくそんなひどいことをしようと思う人間がいるものだと、鬼畜だっ!!と、これまたひとりで興奮してしまい.....down

今日は血圧高め?かもしれません...

投稿: こはなママ | 2009年2月 5日 (木) 18時13分

ジョルまま 様

本当に同じ人間として情けないですね。
私は現場には行っていないんです。
一応飼い主の家族が住んでいますので、たくさんの人の出入りは飼い主の機嫌を損ねる恐れもありますしね。
「もう入るな!」と言われることが一番怖い事・・・。
可哀想なのは猫ちゃん達ですから、ボランティアさんは言いたいことがあってもそれはグッと我慢してらっしゃいます。
現場ではもっと目を背けたくなるような現実がたくさんあったことと思います。
死んでいく子も目の当たりにされていますから・・・。

どうして、こんな人間がいるのか・・・。私にも絶対理解できません。
人間によって苦しめられたここの子達は、人間である私たちでしか助けてあげることはできません。
私も何もできなくて悔しいですが、せめて訴えることだけでも・・・と思い記事にしました。

写真掲載の許可は取っていませんが、事実を伝え、たくさんの人の目に止まって縁がつなげるなら良いのではと思います。

投稿: みーママ | 2009年2月 5日 (木) 19時50分

こはなママ 様

「京大聴講生 猫殺傷事件」私も見ました。
本当に酷い話です。
虐待の話や署名を求める話はよく聞きます。その度出来る限り協力をしています。
苦しむ姿をみて気分がいいなんて、もう人間の姿をした悪魔としか言いようがありません。

だから人懐っこい外猫ちゃんを見ると怖くて仕方がないのです。
悪魔に見つかったら・・・。
考えただけでも恐ろしいです。
外猫の餌やりも絶対に懐かせてはいけないのです。
こげんたちゃんの様な不幸な子がもう出ないよう祈っています。

怒りでどうにもならない気持ち、私もわかります。
いつもその悔しさもどかしさでいっぱいです。

でも血圧には気を付けて下さいね。

投稿: みーママ | 2009年2月 5日 (木) 20時02分

みーママ様

70匹の猫達のことはうちのにゃんずを譲り受けた時に少し聞いていましたが、こんな事がおこっていたなんて。
この話を読んで本当に心痛みました…。何もできない自分が腹ただしいです。
ただ、ただみんなが幸せになるように願ってます。祈ってます。
みーママさんも、保護活動をされてる方もくれぐれもお体には気を付けてくださいね。毎日寒い日が続きますので。

投稿: たけちん | 2009年2月 6日 (金) 08時36分

70匹の猫たちの飼い主
動物愛護法にはひっかからないのでしょうか?
殺すよりもむごいことをしている気がしてならないです。近親交配なんてあってはならないこと。汚い部屋にギューギューに押し込めて、瞼が癒着するほどの環境......ひとりの頭のおかしい人がやっていることではなくて、家族がいるのも驚きました。まともな人はいないんですね....


投稿: こはなママ | 2009年2月 6日 (金) 09時58分

たけちん 様

何もできない自分が腹立たしい・・・。
その気持ちきっと皆さんが持ってらっしゃると思います。
本当に悔しいですよね。
これから迎えたいと思ってらっしゃる方の目に止まるよう願うばかりです。
70匹の子達はイイコばかりです。
あの環境を受け入れざるを得なかった、そして耐えてきたのですから、一刻も早く本当の幸せを感じて欲しいです。

優しいお言葉ありがとうございます。
せめて私の出来ることを精一杯やっていきたいと思います。

投稿: みーママ | 2009年2月 6日 (金) 10時21分

こはなママ 様

動物愛護法ですか・・・。
確かに「健全な生活」と「適正な治療」が義務だったような・・・。
でも残ってる猫達がいますしね・・・。

頭のおかしい人は世の中にたくさんいますが、一人でおかしくなっててくれannoyと思います。
弱い者に対して痛めつけるような行為をする人は地●行き!annoyannoyannoy
同じ人間でもどうしてこんなに違うのか・・・。
太陽も黒いゴミ袋を堅結びにして真夏の炎天下の中4兄弟で捨てられていました。
早く気づいてくれた人がいたから良かったものの、今でも捨てた人に対して憎しみさえ抱きます。
捨てられた子の悲惨な末路を想像もしないのか・・・
ブログの初期に紹介していますが、もう一度記載しておきます。

辛い話ですが、多くの人に知って貰えたらと思います。
〈捨てられた仔猫の悲惨な末路〉↓
http://www3.famille.ne.jp/~phkimura/cin/cin_hisan.html

投稿: みーママ | 2009年2月 6日 (金) 10時49分

みーママさんこんにちは♪
先程はコメントありがとうございました^^
うちの子達の写真、必要とあらばドシドシどぉーぞぉー♪
このところバタバタしていて、70匹の子達の事もコチラで今知りました!!(@Д@;
ずっと、匹数が少なくなってきたらどうなるんだろうか・・・
まさか!?・・・と思っておりましたが、飼い主さん・・・最悪の発言ですね。
この長い期間で何を学んだのでしょう・・・
何も学んでいないという事ですね・・・

みーママさんの記事、伝わってきました。
私もできれば今日記事書きますね。で、コチラのページにリンク貼らせて頂きたいですm(__)m
絶対に全匹手放して欲しい・・・くぅちゃんは健常な猫ちゃんと殆ど変わりありませんが、それは生活出来るよ♪というお話・・・。
一緒に生活していて感極まる時がある彼を見ていて、涙が出そうになるのをグッとこらえる事は日常的にあって・・・
70匹出身猫ちゃんのみならず、保護活動を頑張っておられるみーママさんも、そう言う瞬間が日常的にあるのでなかろうかと・・・勝手ながら想像しております。

スミマセン、走り書き風なコメントになっちゃいましたがsweat01
とにかく、全匹現場から出れるように・・・私も声かけしたいと思います!

投稿: mago猫 | 2009年2月 6日 (金) 11時29分

mago猫 様

くぅ~ちゃんの写真ありがとうございます。
今でこそ、生活にほとんど支障はありませんが、やっぱり迎えてからしばらくのmago猫さんご夫婦の努力とくぅ~ちゃんの頑張りは涙が出ました。(後日ブログをさかのぼって読ませて頂きました)

キャットタワーや階段の上り下り、すべて音で導いて少しずつ少しずつ・・・できるようになりましたよね。
見えないことの不安は確かにあるだろうし、感極まる時があるのも何だか分かります。
適正な治療がされていれば、光を失うことはなかっただろうと思うと悔しい・・・。

飼い主に対しては言いたいことは山ほどあるんだけど、きっと言ってもわからない人種だと思います。
普通の感覚じゃないんですものね。

だからこそ、絶対みんな引き上げないと!!
何とか呼びかけ頑張りましょう!
ブログ、私のでよければいくらでも使って下さいね。
このみんなの思いが誰かに響きますように・・・。

投稿: みーママ | 2009年2月 6日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マジックハンド? | トップページ | 先住にゃんとチビにゃん »