« 子豆物語 | トップページ | 増猫中 »

2011年5月 9日 (月)

ケア中。。。

 

以前からやたらクシャミを連発していた豆くん。

もしや猫にゃのに花粉症catface              まさか猫アレルギーとか?

  

Dsc06923

 

とか思っていたら、本格的な風邪っぽくなってきましたcoldsweats01

でもちょうど膀胱炎で抗生剤を飲んでるので、一緒に効いちゃうね~flair

 

Dsc06936

 

ぜんぜんエラくねぇよgawk

 

何だか鼻水がすごくて、常に口が半開きになってます・・・sweat02

里親様が内定していて、待っていて頂いているので早く治さねば~coldsweats01

 

 

空くんの方は昨晩からかなり元気も出てきました♪

会社の私のデスクの後ろにはゲージが常設されており(なんでやねん)

同伴cat出勤も出来るようになってるのですが・・・

空くんは、とにかく人にくっついていたい子なので、私のデスクの上で

マッタリしたはります(笑)

たまに誘惑してくるので、仕事になりましぇ~んsmile

 

L01a0200

 

このまま回復しますようにshine

 

 

 

それから、先日写真撮影に行ったときに授乳ベビーの写真も撮ったので、

お披露目~♪

 

Dsc06709

 

Dsc06710

 

Dsc06714

 

Dsc06717

 

 

こらくらいの時って、みんな寛平ちゃんなのよね(笑)

 

にしても毎年GWが終わったら仔猫が多くなってきますが、今年は特に多い

ここ2・3日だけでもアチコチから「仔猫入りました~!」の声が聞こえてくる~coldsweats01

 

どんどんケアして、ご縁探しがんばらないとrock

 

 

みんな元気に育つようにポチっとにゃ
   ↓
にほんブログ村 猫ブログへ まだまだこれからよね・・・(大汗)

 

 

【近況報告】

●カケル君&カンナちゃん

我が家にカケルとカンナが来て7ヶ月と5ヶ月が経ちました。
2にゃん共に元気に過ごしています。
カケルは相変わらず膝や肩に乗るのが大好きなマザコンに成長しました(≧∇≦)
体の大きさは先住にゃんこのヤクモと同じ位に大きくなってブラックスモークの毛色の黒が濃くなってきました。親バカですがますます男前になりました♪♪♪
カンナも大人になりました♪
相変わらず気の強いお姫様です(^_^;)
体は相変わらず小柄ですが元気に走り回ったりヤクモやカケルに絡んでます。
足や体のトラ模様が濃くなってきた様に思います。
カンナも大きな目で童顔で親バカですがホントにますますカワイイ顔になったなと思ってます♪♪♪
3にゃんが仲良く走り回ったり遊んだりを眺めてるのが楽しい毎日です。

110106_145901 110305_205101

110321_141902 110423_125501

 

●ホセ(空)君&アントニオ(大地)君

おかげさまで、嘔吐もアントニオの鳴き声も減ってきました。アントニオの体調もまずまずのようで、元気に過ごしております。
妻のアレルギーも、さほどひどくはなく、全く気にならない日もあるということです。
掃除とブラッシング、また、寝室を立ち入り禁止にする、などして対処しています。
もっとも、彼らは最近ではあまり寝室に入りたがらなくなりました。
彼らも、自分たちも、お互いの生活サイクルがわかってきた感じです。
生活サイクルと言えば、アントニオは毎朝きっかり7時に寝室アタックで我々を起こしに来ます。
この天才猫、まさか時計が読めるのでは、と怪しみもしました。
なわけはないにしろ、大した腹時計です。
また彼は、非常にチャレンジャーですね。最近のブームは、カーテンレール歩きです。
渡る間、不安そうにチラチラ我々を見る顔と、渡った後の「どや顔」の対照が面白いです。
鳴き声も不安な声から、勝ち誇った声になるのが、何とも微笑ましいです。
次はどうやら吹き抜け制覇を狙っているようです。これは安全対策が必要かもです。
前にも書きましたが、大人しいと思っていたホセは、王様キャラと分かりました。
どたっと寝そべって「撫ぜよ」という目で見たり。
食事時も、アントニオが半狂乱で皿に向かってくるのに対して、ホセは「おお食事か、ここへ持て」とばかり、持ってってやらないと食べません。
ソファや籠も一人占めで、アントニオが近づくと噛んだり猫パンチしたりで、寄せ付けません。
ただ、機嫌のいい時は、アントニオが舐めるのを許し、お返しに(ご褒美?)に舐め返し、仲良い姿を見せてもくれます。
必死にぺろぺろ舐め合っている姿を見ると、ほっこりした思いになります。
二週間を過ぎ、彼らが我々に馴れたのもありますが、我々が彼らに馴れた、という感覚がします。
妻との会話も増え、生活がさらに楽しくなりました。
まだまだ未熟な飼い主で、彼らには時々嫌な思いをさせているかもしれませんが、今後とも彼らと楽しい生活の一番いい形を探って行きたいと思います。
素敵な御縁を頂き、重ねてながらお礼を申し上げます。

20110501011037ブログより拝借しました。

|

« 子豆物語 | トップページ | 増猫中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 子豆物語 | トップページ | 増猫中 »